読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、はじめました

西新宿のIT企業から気仙沼市へUターンしたinakanohitoのブログ

宮城県気仙沼市の八瀬ぶどう園にぶどう狩りへ行ってきました

 宮城県気仙沼市の八瀬地区にぶどう園があるらしい・・・。

ちょうど開園(NOW)しているという噂を聞き、

行ってみたところ、とてつもない楽園だったので紹介します。

八瀬ぶどう園とは

気仙沼市内に住んでいた代表の田島さん

(とてもワイルドな見た目ですが話すと気さくでとても優しい方)が

ワインを作りたい!という想いで立ち上げた、ぶどう園。

 

今から10年くらい前に、

八瀬地区の何もなかったこの場所をゼロから切り開いて作ったとの事でした。

ぼーぼーの草や、生い茂った木を切るところから始めたそうです。

 

年に一度は感謝祭という形で、八瀬の小学校の子供たちを招待し、

一緒にぶどう狩りやワイン用のぶどう踏みをやるイベントを実施。

 

「八瀬ワインサポートクラブ」という会員になれば、

そこで収穫した、市場流通していない幻のワインが2本もらえるそうです。

 

こちらのサポートクラブは一般公開していないそうなので、

詳しくは田島さんまでお問合せくださいませ。←

 

八瀬地区を盛り上げていきたいという、

とてもアツい想いを持っておられる方でした。

気仙沼市「八瀬地区」。

 

え!どこにあるの!

って方、まだまだ県内にも多いと思います。

 

ぶどうの品種は「キャンベル」を中心に

160本ほど、木があるそうです。八瀬の気候に合う品種を

探すのにも、たいへんな試行錯誤をされたそうです。

 

別な場所ではワイン用の畑もあるそうで、

そちらは一般公開していないとの事。

開園時期

八瀬ぶどう園開園期:8月後半~9月後半まで(例年)

開園時間:10時~15時頃まで(例年)

 

今年(2016年)はぶどうの状況が芳しくないということで、

~9月10日くらいまで、というかなり短期間の開園期です。

 

連日の台風の被害もあり、私が行った日は

ぶどうの実が結構な割合で落ちていました。

もったいない><。

 

間に合わない方は2017年に行ってみて下さいませ。

入園料

中学生以上:600円

※時間無制限※

 

八瀬ワインサポートクラブに入れば何度来ても無料らしい!

1gあたり:1円でぶどうのお持ち帰りが可能です!

 

利益より来てくれた方の笑顔重視!という印象で、

とても好感を持てました。また行きたいな。

 

天気がいいと甘さにつられたハチさんが出る可能性がUPするので、

長袖の服で色は黒は避けた方がいいかも。

私はがっつり黒Tでいきましたが。

アクセス

f:id:satou-mitsu:20160906190633j:plain

気仙沼駅から車で28分。

宮城県内最古の木造校舎「月立小学校」近く。

Google Map「八瀬ぶどう園」で出てきます。

f:id:satou-mitsu:20160906191328j:plain

到着すると、近くに手作りの看板がありました。

おしゃれですね。400歩という斬新な数字・・・。

看板通りに進んで参ります。

f:id:satou-mitsu:20160906191458j:plain

見事なまでの山道!空気がきれい!

300歩めくらいで、(本当にあっているのかな。。。(;´・ω・))

と不安になりつつ進むと、

f:id:satou-mitsu:20160906192957j:plain

※写真ぶれすぎましたすみません※

無事、ぶどう園につきました。

ぶどう狩り(運が良ければぶどう以外のおまけも)

初めは、小雨が降っていたのに、急きょ天気も晴れてきました。

代表の田島さんの奥さまに、ハサミの使い方、収穫の注意点などを

丁寧にレクチャーを受けたのち、ぶどう狩り開始!

 

f:id:satou-mitsu:20160906191851j:plain

f:id:satou-mitsu:20160906191729j:plain

アマい!!!!

新鮮すぎる!!!タネまで丸ごと食べれます!

便秘解消にもこの上なしとの事です^^

 

ぶどうに含まれるアントシアンは、

視力回復や、抗酸化作用、悪玉コレステロールの抑制、

動脈硬化の予防、ガンの予防など、様々な健康効果が見込めるそうな。

 

視力回復といえば、気仙沼市には、

ブルーベリー狩りができるブルーベリーハウス気仙沼もありますね。

<過去記事>

inakanohito.hatenablog.com

 

f:id:satou-mitsu:20160906191853j:plain

近くに椅子と机もおいてあるので、少し疲れたら休憩もできます。

 

空気がとにかく新鮮で美味しい!

満点の太陽でにじむ汗をタオルでふき取り、

乾いた口をうるおす、天然ぶどうの水分。

 

元気いっぱいになることこの上なし!

ここは楽園!ではなく、八瀬だった。

 

写真とりそびれたのですが、

ぶどう園から見える、棚田(稲)の景色が、とても楽園です。

実際に行ってみて下さい。

 

さて、十分に満喫したところで、

そろそろ帰宅しようかなと、出入り口付近へと足を運んだところ、

 

天然のカブトムシが!!!!!!With ぶどう

f:id:satou-mitsu:20160906192809j:plain

 

ぶどうと一緒に、カブトムシ、もらいました。

一応大人ですが、テンションが上がりました。

 

運がよければ、カブトムシも、ぶどう園で一緒に持ち帰れます。

ぶどうの甘い香りにつられて、たまにやってくるそうです。

 

なかなか天然のカブトムシ♂が無料で捕獲できる場所って、

全国的にも、ないですよね。

普通に買ったら500円位でホームセンターに売ってますし。

 

親子で行ったら、子ども喜ぶだろうなあ。 

希少な体験でした!!

八瀬ぶどう園さん、ありがとうございます!

まとめ

ぶどう狩りができる園が、まさか、

こんな山奥の、八瀬にあるなんて知らなかった!

 

たまには宮城県気仙沼市の八瀬地区にて、

非日常はいかがでしょうか。

 

近くには綺麗な水とこだわりの豆を使った、

市内でも評判のおいしいコーヒーが飲めるお店もあります。

 

毎月第三日曜日は、近くの月立小学校で

手打ちそばが食べれるイベントもあるようです。

 

「八瀬観光」、いかがでしょうか。

ただし、もうすぐぶどう園が閉園してしまう!

善はいそげ!

 

 

inakanohito