読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、はじめました

西新宿のIT企業から気仙沼市へUターンしたinakanohitoのブログ

ブルーベリーハウス気仙沼に行ってきた話

気仙沼にブルーベリー狩りができる場所ができたんだって!

 

TBCのNスタ宮城にも特集されていた、

今話題のスポット、ブルーベリーハウス気仙沼

 

日々のディスプレイアクティビティ(スマホをいじる事)で、

目が疲労気味の現代人(私)には、グサリと刺さりました。

 

これは行くしかない!!という事で、行ってきました。

ブルーベリーハウス気仙沼とは

2016年の7月16日に気仙沼にオープンした、

ブルーベリー狩りができる遊びスポット。

 

東北の中でもブルーベリーが狩りの体験ができる場所は、

なかなか少なく、珍しいとの事。

保育園や小学生の子供たちはもちろん、大人も楽しめそう。

 

★開園期間:2016年シーズン:7月16日(土)~8月下旬

★開園時間:10時~16時

★定 休 日 :毎週金曜日 但し8月12日は臨時営業

★料  金:・中学生以上1,500円 ・小学生800円 ・幼児(4才~)500円

★制限時間:2時間 食べ放題

引用:ブルーベリーハウス気仙沼Home Page

 

夏の良い天気。訪れた日は、快晴でした。

f:id:satou-mitsu:20160719221405j:plain

 

日陰よけの布が取れていたらしく、 

ハウス内の温度が、40度(目を疑った・・:)

 

ダイエットに最適!!

最高かよ!!

 

と、汗を滴らせながら、手ぬぐいを片手に、

ブルーベリーを狩ってまいりました。

(手ぬぐいは持って行く事をお勧めします!狩りですから!)

 

近くに森があり、涼しい風が流れ、空気自体が乾燥していたので、

体感はそこまで暑くなかったです。

 

ハウスの中に入った瞬間、並ぶブルーベリーの木々が広がっています。

しかし、広い!

f:id:satou-mitsu:20160719221616j:plain

 

木々の中から、狩りをする一本を選び、

枝先に広がる、熟した実を、指先で転がし、収穫します。

f:id:satou-mitsu:20160719221749j:plain

 

いとも簡単に収穫できました。

そして、いよいよ、その実を口へ運びます。

 

あ、甘い・・・・^^

ブルーベリーってこんな味だったのか!!

 

無味無臭を想定していたのですが、例えるなら、

山に自生している「キイチゴ」のような甘さと香りが広がりました。

 

ブドウと違って、わざわざ皮をむく必要もないため、

収穫したままの実の状態で、口へと運ぶ流れ作業をスムーズに進めることができます。

 

手がとまらないっ。 美味しい。

人生で最も、生ブルーベリーを食べた2時間だった。

おしゃれなカフェもあった

おしゃれなカフェがブルーベリーハウスの横に隣接しています。

ちなみにブルーベリー狩りの料金を払う事で、

ドリンクが一杯無料に!お得!!

 

店員さんに聞いたところによると、

150年前に作られた蔵をリノベーションしてカフェにしたそう。

名前は、「蔵ssic」。

 

名前の通り、店内には洒落たクラシック音楽が流れています。

天井のライトは、蔵にあった樽(タル)をリノベーションしたものだそうです。

f:id:satou-mitsu:20160719222108j:plain

 

テーブルも、樽の底をそのままリノベーションしたものだそうです。

しかし、おしゃれである!!

f:id:satou-mitsu:20160719222410j:plain

天井にはくるくる回るプロペラがついていたので、

とても涼しく、快適でありました。

150年前の蔵自体が、風通しが良い作りになっているのかもしれませんね。

まとめ

大人は1500円でブルーベリーが2時間食べ放題!(ドリンク1杯無料です)

もちろん、途中でハウスを出て、休憩してもOK!

f:id:satou-mitsu:20160719224218j:plain

 

蔵ssic(隣接するカフェ)

ブルーベリーを使った旬のデザートやドリンクも飲めるので、

30分ほどブルーベリー狩りを楽しんだら、

蔵カフェで一息して、またブルーベリー狩り。

 

とてもいい気分で、あっという間に2時間が経ってしまいます。

店員さんいわく、まだオープンしたてなので、

これからカフェのメニューラインナップも充実させていくそうです。

 

時間帯が昼時だったからか、貸し切りで楽しむことができました!

昼時は穴場かもしれません!

駐車スペースも10台くらいは余裕をもって置けそうなので安心です。

 

気仙沼市の面白スポットがまたひとつ増えましたね。

ブルーベリーハウス気仙沼の開園時期は8月下旬までなので、お早目に!

 

あれ、遠くの文字が、何故かいつもよりクッキリ見えるような・・??

Nice!また行きたい!

ありがとうございました。