ハイパーローカルから世界をよりよくするブログ

東北の田舎から世界をよりよくしていきたい想いで毎日を生きるinakanohitoのブログです

コメ作り~田植え後1か月半の生育状況~

コメ作りの進捗状況についてです。

5月初旬に田植えを行い、ちょうど1か月半ほどが過ぎました。

 

現在の稲の状況を写真でアップいたします。※NEW※

f:id:satou-mitsu:20160627145044j:plain

 

f:id:satou-mitsu:20160627145208j:plain

f:id:satou-mitsu:20160627145107j:plain

 

だいぶ稲の背丈が伸びてきました。

順調に育っています。

 

ところで、獣(ケモノ)からの農作物を食べられる被害を防ぐために、

電気柵を田んぼの周りに設けているのですが、

一部の田んぼでは、その電柵をすり抜けて、柵の中に入り、稲を食べる強い獣もいます。

獣たちも生きるために必死です。

 

人間も獣に負けずに、

電気柵を張り巡らしたあとも、対策を講じます。

 

◆電気柵に草が触れる事によって、電気が地面へ逃げ、

 効果を失ってしまわぬよう、田んぼの周囲の草をまめに刈る

◆夜見回りをする

◆爆竹を鳴らす

 

等々、獣を追い払う術を発揮しています。

人間 VS 獣の戦いは当地域だけでなく、

全国でも繰り広げられているようです。

 

平成25年度の主要な獣種別の被害金額については、シカが76億円で前年度に比べ7億円減少(対前年8%減)、イノシシが55億円で前年度に比べ7億円減少(対前年12%減)、サルが13億円で前年度に比べ2億円減少(対前年14%減)しています。

農林水産省HP:http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/h_zyokyo2/h25/

 

<獣による農作物の被害額ベスト3>

1位:鹿(シカ)

2位:猪(🐗)

3位:猿(サル)

 

やはり鹿がダントツの1位。

平成25年で75億の農作物被害額をたたき出しています。

 

たしかに、道を歩けば、棒、ではなく鹿に当たります。

数年前には、家の庭に出現したことがりました。

50m飛ぶエアガンを身体へ当ててもびくともしませんでした。

 

鹿の数を減らせばいい、

という根本療法が思いつくと思うのです。

 

しかし、

鹿を退治する「猟師さん」の数も、

高齢化に伴い、特に近所では年々減っているようです。

 

祖父は猟師だったのですが、数年前に逝去してしまいました。

今後、さらに電柵以外の対策も、必要になってきそうです。

 

農作物被害のデータを見ていて気になった、

鹿、🐗(猪)、猿の次に被害額の大きい「ヌートリア」という害獣。

 

何者??

f:id:satou-mitsu:20160627144725j:plain

これはおそらく西日本の獣です。

東日本ではあまりいない害獣ではないでしょうか。

 

少しだけキュートな外形をしていますが、

農家さんにとってはこのヌートリアも敵となる存在です。

 

そんな人間 VS 獣の生死の戦いの超えた先に、

ふっくらと見事に炊き上がった、おいしい白いホクホクのご飯

食卓に並んでいるんですね。