読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎暮らし、はじめました

西新宿のIT企業から気仙沼市へUターンしたinakanohitoのブログ

新卒から2年で会社を退社し、Uターン後に田舎で8か月間フリーター25歳の現実

おはようございます。

 

さて、私が前職を退社して、

8か月間、既に経過していることを知りました。

 

昨年7月、親の反対を押し切り、

近所のおじさんにまでも、役所を受けなさい、

と色々と根回ししていただいたにも関わらず、、、

 

役所の就職活動を蹴り、

フリーランスとして、まず1年は生きてみる、

事を自身で決めました。

 

失業保険の期間もあったので、実質、今月からなのですが、

インターネットでのビジネスを中心とした

収益システムを回し始めている矢先です。

 

はたから見ると、田舎に帰ってきて、

実家にのさばってパソコンをカタカタやっているのは、

気味が悪いようで。

 

ごうを煮やした父親に、昨日に説教を受けました。

 

「あなたの息子は田舎に帰ってきてなにをしているのか」

と、よく周りから聞かれるらしく、

早くまともな仕事につけ。

 

という内容でした。たぶん、心配をしてくれている、

という趣旨だと思うのですが、伝え方がへたくそなので、

 

「お前が帰ってきて家で怠けているから、

周囲から変な目で見られるのが恥ずかしいんだよ」

 

という内容に聞こえてしまいました。

私は、ショックを受けました。

 

田舎ならではの、「近さ」「閉鎖性」がもたらす、

あたたかさでもあり、おせっかいでもあります。

 

田舎の人の想定する自分の中の世界観から、

外れた人間が近くにいる事は、おそらく、

気味が悪いから、分離したくなるんだと思います。

 

自身の8か月間を振り返ってみると、

好きなときに漫画を読んだり、本を読んだり、旅行に行ったりと、

相当自由に、過ごして参りました。

 

学生生活、会社員生活からセミリタイアして、

一転レールから外れて、人生を歩んでみました。

 

すると、とある人生の本質に気が付きました。

 

あー

人生って自由なんだなあ、

人生って1回きりなんだなあ、

人っていつか必ず死ぬんだなあ、という事。

 

再認識しました。

 

個人事業主としてやる!という事は、

全ての責任を自分自身で負うという事です。

 

会社の場合、極論、毎日足を運んでいれば

給料がもらえますが、個人の場合、仕事を自分で作りだし、

マネタイズしていかなければ、給料はもらえません。

 

自分だけ食える分ならまだしも、

家族を養うまでの収益はまだ作り出せていませんし、

なかなか、先の道は茨だなあと感じています。

 

ですが、自分の思うように、描き、想定し、突っ走れるので、

自由ですし、土日も関係なく働けるし、

クリエイティブで、楽しく(つらい事もありますが)、

なにより世界が広がり、自己成長できます。

 

満員電車にも乗らなくてよいし、

朝目覚まし時計を鳴らす事もありません。

 

会社もメリット、デメリットあるし、

個人もメリット、デメリットもあります。

 

どっちが良くて優れているか、

なんて誰にもわかりませんし、

そんなものは、この世界にありません。

 

ただ、誰しもが、自分の歩んでいる道が正しいんだ、

と思いたい心理があります。

 

まあ、気を張り詰め過ぎても、人生は過ぎていく一方なので、

流れに身を任せつつ、

日々を歩んでまいりたいと思います。

 

PS.早起きは頭がクリアで、効率が良い。明日から6時に起きたい。

   寒いけど、6時に起きたい。

 

 

inakanohito